やるならいましかねえ!これからの郷土づくりを、私達の手で。岡山をもっと元気に!!

今日まで30年続いた「平成」の世も、いよいよ平成31年4月30日で終わろうとしています。
そして皇太子殿下が5月1日に御即位され、1,300年余りの間で248番目の新元号がいよいよスタートします。「明治150年」の本年、今まさに私たちは、大きな時代の節目にあり、激しい変化の潮流の中に喘いでいます。 ……

 また近年は「少子高齢化」が深刻化を増し「超高齢・人口減少社会」に突入していると言われております。日本人の平均寿命は延び続け、今や男性の4人に1人、女性の半分が90歳まで生き、100歳以上の人口が2050年には9倍近くに増えるとの予測もあります。 「人生100年時代の到来」今まさに私たちは、これまでの歴史上かつて経験したことのないような社会へ突入しようとしています。

 そして「地方創生元年」(2015(平成27)年)以来、このような課題解決に向け、国は地方創生の旗振りの元、地方に各地域が個性を生かし自主性を求めた総合戦略を策定させ、その結果、あらゆる分野で地方対地方の激烈な競争が始まっています。まさに、生き残りをかけて。  岡山県もそんな競争の渦中に身を置かれ、あらゆる手立て、方策を打ち出しているにも関わらず、まだまだ十分な結果が表れているとは言えません。 しかしながら、「もうだめだ」「何をしても変わらない」という厭世観に浸っている余裕はありません。 「やる気」というエネルギーを武器に熱き心で行動あるのみです。
未来へつなぐ。
愛する人や将来のある子どもや孫たちのために。
愛する郷土岡山県が持続性があり素晴らしい発展ができるために。